金工史談 - 香取秀真

香取秀真 金工史談

Add: fureveh10 - Date: 2020-12-16 00:47:49 - Views: 9694 - Clicks: 1113

金工史談 - 香取秀真 - 本の購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天ポイント」が貯まってお得!みんなの. 金工史談 正篇/香取 秀真(芸術・アート)の最新情報・紙の本の購入はhontoで。あらすじ、レビュー(感想)、書評、発売日情報など充実。書店で使えるhontoポイントも貯まる。3000円以上購入から国内送料無料で、最速24時間以内出荷。. CS342chヒストリーチャンネル「第3回ヒストリーアワード」入選作品 広域高速ネット二九六『香取秀真と津田信夫~二人の鋳金作家~』 出典無効 リンク切れ. 限定版 フォーマット: 図書 責任表示: 香取秀真著 言語: 日本語 出版情報: 東京 : 中央公論美術出版, 1958 形態: 6, 296p, 図版26p ; 23cm 著者名: 香取, 秀真 書誌ID: BN14583343. 特に面白かったのが「掛仏」という神社に飾られた仏の像と(多分鏡から発展したんじゃないかなー、ということが解説されてましたが、まあ、技術的な観点から述べられてるんだろうね)、東大寺が二度目に燃えたあとに大勧進になった重源やら栄西などの行動がわりと広範に語られていた. 古本・古書検索最大級の通販サイト 日本全国900軒の古書店、古本屋が参加 書籍データ600万件超 随時更新中 絶版書や探していた珍しい本・資料が見つかる買える!. 金工史談 資料種別: 図書 責任表示: 香取秀真著 言語: 日本語 出版情報: 東京 : 桜書房, 1941. 美術人名辞典 - 香取秀真の用語解説 - 鋳金家・歌人・俳人。千葉県生。初め鋳金家大島如雲に、東美校では岡崎雪声に学ぶ。金工史家としても優れる。また正岡子規の根岸短歌会に参加し、アララギ派の歌人として『秀真歌集』等の歌集をのこした。帝国美術院会員・帝室技芸員・芸術院.

11501/1265298 公開範囲 国立国会図書館/図書館送信参加館内公開 詳細表示 資料種別 (materialType) Book タイトル (title. 続金工史談/香取秀真/人間国宝香取正彦の父/昭和18年/1000部 銅印根付 茶の湯釜 中国古銅器 昭和18年初版 商品説明に目次. 海外で認知された実績としても取り上げられます。 このような事から、香取秀真.

金工史談 香取秀真著 国書刊行会, 1976. 香取 秀真(かとり ほつま、1874年 1月1日 - 1954年 1月31日)は日本の鋳金 工芸 作家、歌人である。学問としての金工史を確立し、研究者としても優れた。日本における美術の工芸家として初の文化勲章を受章。 金工史談 <初版 正巻函続巻カバー付 2冊共墨署名箋入> ¥ 12,600 香取秀真 、桜書房 、昭16 、2冊. にほんブログ村鋳金工芸の巨匠・香取(ほつま)の作品をご紹介します。香取秀真 ブロンズ「舞鳳」本体高さ27×幅18. 香取秀真 (かとりほつま)1874‐1954(明治7‐昭和29) 鋳金工芸家,歌人。千葉県出。1897年東京美術学校鋳金科を卒業。大島如雲,岡崎雪声に学んだ。 1900年パリ大博覧会に出品,銀賞牌を受ける。08年同志と鋳金会を創立。.

『金工史談』 『続金工史談』 『日本鋳工史』 歌集 『天之真榊』 『還暦以後』 参考番組. 香取 秀真(かとり ほつま、1874年 1月1日 - 1954年 1月31日)は日本の鋳金 工芸 作家、歌人である。学問としての金工史を確立し、研究者としても優れた。日本における美術の工芸家として初の文化勲章を受章。. 会期:年3月20日(土)~ 6月27日(日) 当館は北総に生まれた金工作家「香取秀真」「津田信夫」と、二人の師弟関係の金属工芸作家の作品を収蔵展示しておりますが、平成16年は、香取秀真が明治7年に船穂村(現印西市船尾)に生まれ、昭和29年に亡くなって. 3 形態: 2冊 ; 22cm 著者名: 香取, 秀真 書誌ID: BN0355. 香取秀真を語る上では欠かせない事ですし. 金工史談 釣鐘、鰐口、錫杖、磬、燭台、擬宝珠など仏具と名づくものの鋳造法や解説、そのエピソード等、アララギ派の優れた歌人でもある筆者の冴えは、日本を中心に朝鮮中国の金工芸にまで及び読者を魅了する。. 香取秀真(かとりほつま)は学問としての金工史を確立し、日本における美術の工芸家として初の文化勲章を受章しました。 古代鋳金の研究を進め、「日本金工史」「金工史談」「茶の湯釜」など優れた学術著作を残されております。.

香取 秀真(かとり ほつま、1874年 1月1日 - 1954年 1月31日)は日本の鋳金 工芸 作家、歌人である。学問としての金工史を確立し、研究者としても優れた。日本における美術の工芸家として初の文化勲章を受章。. 11501/1265297 公開範囲 国立国会図書館/図書館送信参加館内公開 詳細表示 資料種別 (materialType) Book タイトル (title. 展覧会名:香取秀真・正彦 父子展. 金工史談 著者 香取秀真 著 出版者 桜書房 出版年月日 昭和16 請求記号書誌ID(国立国会図書館オンラインへのリンク)DOI 10.

金工史談 フォーマット: 図書 責任表示: 香取秀真著 言語: 日本語 出版情報: 東京 : 国書刊行会, 1976. 3 形態: 2冊 : 図版 ; 22cm 著者名: 香取, 秀真 書誌id: bnisbn: (正篇) (続篇). 銀賞碑を獲得した事は、氏の作品が.

日本金工史や金工史談、日本鋳工史なども有名です。 そのほか1900年にパリ万国博覧会にて. 香取, 秀真(カトリ, ヒデザネ) 香取, 秀真(カトリ, ホズマ) 香取, 秀眞(カトリ, ホズマ) 香取, 秀眞(カトリ, シュウシン) 香取, 秀治郎(カトリ, シュウジロウ) 同姓同名の著者を検索. Amazonで香取 秀真の金工史談 全2巻。アマゾンならポイント還元本が多数。香取 秀真作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また金工史談 全2巻もアマゾン配送商品なら通常配送無料。.

6 Description: 2冊 ; 22cm Authors:. 金工史談 Format: Book Responsibility: 香取秀真著 Language: Japanese Published: 東京 : 桜書房, 1941. 香取秀真(かとり ほつま、明治7年(1874)1月1日~昭和29年(1954)1月31日 81才没) 日本の鋳金工芸作家。金工の人間国宝である香取正彦は長男。 1896年、東京美術学校鋳金科を卒業し、1900年、パリ万国博覧会で銀賞碑。. 日本大百科全書(ニッポニカ) - 香取秀真(かとりほつま)の用語解説 - 鋳金工家、金工史家、歌人。明治7年1月1日、千葉県印旛(いんば)郡船穂村(現印西(いんざい)市)に生まれる。本名秀治郎。1897年(明治30)東京美術学校鋳金科を卒業し、さらに99年同校の研究科に進み、鋳金技術を研究する.

香取秀真(かとり ほつま 1874年(明治7年)1月1日‐1954年(昭和29年)1月31日)は、日本の金工工芸作家・歌人。 香取秀真の作品の査定・買取は古美術永澤にお任せください。. Amazonで香取 秀真の金工史談 (1976年)。アマゾンならポイント還元本が多数。香取 秀真作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。. 金工史談 桜書房刊 昭和16年 日本の鋳金(ふいごまつり、再版)現代叢書 三笠書房刊 昭和17年 続金工史談 桜書房刊 昭和18年 歌集還暦以後 科野雑記社刊 昭和22年 鋳物師の話 講談社刊 昭和22年 江戸鋳師名譜 (謄写版刷) 昭和27年. 6 形態: 2冊 ; 22cm 著者名: 香取, 秀真 書誌ID: BN15040911.

続 著者 香取秀真 著 出版者 金工史談 - 香取秀真 桜書房 出版年月日 昭和18 請求記号書誌ID(国立国会図書館オンラインへのリンク)DOI 10. 香取秀真―かとりほつま(1874-1954) 日本の鋳金工芸作家、歌人。千葉県印旛郡船穂村に生まれる。 本名、秀治郎。別号に六斎、梅花亭。著作に「日本金工史」など。 金工の人間国宝である香取正彦は長男。.

金工史談 - 香取秀真

email: ykorigy@gmail.com - phone:(890) 866-3131 x 5545

Supreme Initiation - 中国における 建設に関する研究

-> 頭頸部のCT・MRI - 多田信平
-> ギター・ソロで弾く!山下達郎

金工史談 - 香取秀真 - 高塚竹堂 書き方字典


Sitemap 1

頭のいい女、悪い女の話し方 - 八坂裕子 - 親子で遊ぶ冒険図鑑 山口一美