中国における「小城鎮」建設に関する研究

建設に関する研究 中国における

Add: xozyd35 - Date: 2020-11-21 05:38:16 - Views: 9866 - Clicks: 1322

890037) 総合研究開発機構, 全国官報販売協同組合(発売), 1989. 年6月 単著 「村鎮之間:桂北都柳江流域両個花炮節伝承的比較研究」 『百色学院学報』Vol. 2、12、27 ジャーナル第7号「江蘇省における“小城鎮”建設.

中国における新型城鎮化に関する研究 論文審査委員 主 査 教 授 佐々木 信彰 副 査 教 授 佐々木 保幸 副 査 教 授 北波 道子 論 文 内 容 の 要 旨 近年の中国は経済発展と共に、人件費及び大都市の不動産価格の高騰、都市と農村の格差の. 中国の地域開発戦略に関する研究 フォーマット: 図書 責任表示: 総合研究開発機構 言語: 日本語 出版情報: 東京 : 総合研究開発機構 東京 : 全国官報販売協同組合 (発売), 1995 形態: vi, 237p ; 26cm 著者名: 総合研究開発機構 シリーズ名:. 中国の新農村建設における郷村観光の重要性に関する研究 -大連市を事例として- The Importance of Chinese Rural Tourism in New Village Construction Program : Case Study of Dalian in China 張 広帥(北海道大学大学院国際広報メディア・観光学院観光創造専攻修士課程). 3ポイントも差がある。 「新型都市化計画」は初めて、都市化率を常住人口都市化率と戸籍人口都市化率の2つに区分した。計画によると、常住人口都市化率が年の52. 中国の国家発展改革委員会(発改委)は先ごろ、第1陣となる新型都市化建設の試行実施について、都市部の戸籍制度改革と農村部の財産権制度. の研究は中断された。その後1978年の改革開放以降、費孝通氏の主導によって社区研究は 復活され、中でも1980年代の『江蘇小城鎮研究』が有名になって、その後1985に出版され た『郷土中国』がその成果として公表されている。.

中国における農村労働力移動に関する研究(第3報)(多田) 表1-1-1 中国における戸籍制度の推移 年代 制度の内容 1949~58年 戸籍の移動は自由。 58~78年 戸籍の移動を管理。都市戸籍と農村戸籍 に分け,戸籍の移動を制限。 78年以降 規制緩和の方向。. 中国における「小城鎮」建設に関する研究 : 江蘇省を中心として フォーマット: 図書 責任表示: 総合研究開発機構編 言語: 日本語 出版情報: 東京 : 総合研究開発機構 東京 : 全国官報販売協同組合(発売), 1989. 中国小都市発展に関する 研究概論 方明 中国建築設計研究院小城鎮発展研究中心. 3%から年には45%前後に達する。このため、年まで1億人に居住している地域(城鎮)の戸籍を与えるという目標を掲げている。 図1:中国都市化率の推移(単位:%) 出所:『中国統計年鑑』中国統計局.

農林水産研究に関する国内の論文・情報が探せる データベース(アグリナレッジ) A database providing information on agricultural. 「小城鎮」共同研究 -』 国際書院 宇野重昭・朱通 華 1991年6月 『内発的発展と外向型 発展-現代中国におけ る交錯-』 東京大学出版 会 宇野重昭・鶴見 和子 1994年3月 ディスカッションペーパーNo. 中国における小城鎮建設の実態に関する一考察 : 小城鎮建設政策研究(1) 東北大学 関連論文 通信調査にもとづく浅間山年9月1日噴火における空気振動の分布域. 20世紀以降の中国の農村における社会変動に関する研究(下)(張 萍・張 琢) ― 20 ― 一の基準である」という論文が『光明日報』に掲載され,中国の改革開放初期の思想解放運動 の幕が開いた。. 1-1 背景と目的 本研究は、年より「社会主義新農村建設」政策(以.

中国政府は、都市化に「城市化」ではなく「城鎮化」という名称を当てている。「城鎮」は「城市」と「建制鎮(注1)」の総称である。1978年の改革開放以来、「城鎮化」はかなり速いスピードで進展した。1978年から年までの間に、「城市」の数は193から658に増加し、「建制鎮」の数も2173から1万9410に増えた。都市化の進展に伴い、都市部の発展格差、特有の戸籍制度などが原因で人口が沿海部の大都市に集中し、就職難、大気汚染、交通渋滞、環境破壊といった都市病がますます深刻になっていった。こうした問題を解決するため、中国政府は都市化について1978年から研究し始め、年から国家戦略として重視してきた。 「新型都市化」政策の何が「新型」なのか。李克強首相は、年11月21日に北京で開催された「中国・EU都市化パートナーシップフォーラム」で、「新型都市化は人を核心とした都市化であり、農民の意志を尊重し、農民の権益を保護する都市化であり、集約型、インテリジェンス、クリーン、低炭素など人と自然を融和させる都市化である」と主張した。 「新型都市化」のポイントは大小都市化建設を強化し、大都市が元から持っている能力を発展させ、中小都市や小都市の発展に先導的な役割を発揮させることにより、地域の協調的な発展を推進することである。. See full list on jil. Amazonでの中国における「小城鎮」建設に関する研究―江蘇省を中心として (NIRA研究叢書)。アマゾンならポイント還元本が多数。作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。. 平和学会年度春季大会 「戦争と空爆問題」分科会 最近の中国における防空研究 石島 紀之(フェリス女学院大学名誉教授) キーワード:国民政府の防空建設.積極防空.消極防空.中国各地の空襲と防空. はじめに これまでの中国の防空に関する研究――重慶の防空が中心(参考文献参照.

中国共産党中央委員会と国務院は12月25日、「労働力と人材の流動化体制の改革促進に関する意見」(以下、意見)を公布した。 常住人口が300万人以下の都市で戸籍の取得制限を全面的に撤廃するなど、労働力の流動機会の創出や労働移動の円滑化、人材の. 中国の新農村建設における郷村観光の重要性に関する研究 : 大連市を事例として: Other Titles: The Importance of Chinese Rural Tourism in New Village Construction Program : Case Study of Dalian in China: Authors: 張, 広帥 Browse this author: 森重, 昌之 Browse this author →KAKEN DB: Keywords: 中国: 新. 東北大学機関リポジトリ"TOUR:TOhoku University Repository"は、本学の学術研究成果及び教育成果を収集し、広く公開する目的を持ちます。. 中国における小城鎮建設の実態に関する一考察 : 小城鎮建設政策研究(1) 張 季風 研究年報経済学 61(2), 261-281, 1999-09. 中国における小城鎮建設の実態に関する一考察 : 小城鎮建設政策研究(1) 中国社会科学院日本研究所経済研究室 関連論文 ポスト危機時代の日本対中投資の新しい機会と展望 (特集 平成21年度外務省「日中研究交流支援事業」 21世紀東アジアにおける新たな. 住宅建築研究所報1985 中国農村における住宅建設と集落整備に関する研究(梗概) 中国における「小城鎮」建設に関する研究 浦 良一 目 次 第一章 第二章 第三章 第四章 第五章 調査農村の概況 農村集落計画の制度 集落土地利用計画 農村住宅と住まい方 農村地域施設 第一章 調査農村の概況. 8 形態: ix,133p ; 26cm 著者名:.

1 要 近年の中国は経済発展と共に、人件費及び大都市の不動産価格の高騰、都市 と農村の格差の拡大、少子高齢化など様々. 「小城鎮」重視の中国都市化政策 狙いは農村地域の所得向上や生活改善 中国政府が本格実施の構えをみせている新たな都市化政策では、工商業が比較的発達した農村地域 の末端行政区画である「建制鎮」を中心とする「小城鎮」の発展が重視される予定. 「新型都市化計画」は、社会福祉の提供を、地元戸籍がある人口から常住人口に転換して実施することを表明した。常住出稼ぎ労働者の子供が都市部で義務教育を受ける権利をはじめ、公的就職サービスの提供、社会保障(年金、医療など)の拡大、地域サービス利用条件の改善、公的住宅の提供拡大など、様々な分野を提示した。そのうち、出稼ぎ労働者に対する公的就職サービスの提供(表2)に関しては、政府が補助金を出して、技工学校、中高等職業学校、職業技能訓練機関などにおける職業育成訓練を奨励する。そのほか、就業情報を全国ネットでつなぎ、出稼ぎ労働者に無料で就職情報や政策に関する問い合わせサービスを提供する。 出所:「国家新型都市化計画(~年)」より作成. 政治的要因に規定される中国の人口都市化――「戸籍制度」と「小城鎮理論」の分析 / 燕焰 / p76~95 (0040. 研究代表者:石原 潤, 研究期間 (年度): –, 研究種目:基盤研究(c), 応募区分:一般, 研究分野:人文地理学 KAKEN — 研究課題をさがす | 中国における小城鎮発展の地域差に関する研究 (KAKENHI-PROJECT. 成功例をみると、(1)加工部門への進出、(2)研究機関との連携による. 中国における「小城鎮」建設に関する研究 : 江蘇省を中心として 総合研究開発機構編 (NIRA研究叢書, no. 中国における「小城鎮」建設に関する研究: 副 題 :-江蘇省を中心として-機 関 : (財)国際文化会館: 発 行 : 平成元年8月発行: 版 頁 : b5・133p: 種 別 : 委託研究: 分 野 : 国土開発・利用(地域開発・整備) isbn :x.

「中国の福祉社会開発研究(D1)」は、さらに「中国の社区・小城鎮における地域福祉及び居住福祉に関する研究(d1-1:野口・児玉グループ)」と「中国の高齢者福祉に関する研究(d1-2:陳グループ)」でそれぞれ研究課題を深化させながら、共同研究を. 中国における小城鎮研究の成果と課題-中国の国内研究を中心にして-滕 艶(広島大学大学院生) 本稿の目的は,中国農村地域の小城鎮を対象とした研究に関するこれまでの成果を中国の国内研究を中心. 34億人の出稼ぎ労働者および一緒に移動するその家族は、教育、就職サービス、医療、年金、社会保障型(中低所得者向け)住宅などの都市住民が享受している公的サービスを受けることができない。その上、農村に残る待機児童や女性、老人などの問題も日々深刻になっている。「新型都市化計画」はこれらの問題を解決するため、都市規模に基づき、戸籍登録制限を一定程度自由化する対策を盛り込んでいる(表1)。 出所:「国家新型都市化計画(~年)」より作成 また、特大都市の戸籍登録制度にポイント制などの方式を段階的に導入することを提案している。特大都市の戸籍登録ポイント制は、年に広東省中山市を試行地域として開始され、上海、天津などの大都市でも順次試行された。北京政府も今年から戸籍登録ポイント制の導入を検討している。 戸籍制度の変更に伴い、都市における基本公的サービスの提供も地元から居住している地域に移して実施する。都市部に居住する戸籍のない農民も都市部で公的サービスを享受することができるようになる。.

5:67-76; 年12月 単著 「政策移動に関する村落の風水伝説と実践―近現代中国におけるトン族の事例から―」 『旅の文化研究 研究報告』No. 「都市維持建設税暫定条例」(国務院1985年2月8日公布、同日施行)4条によると、納税者がその所在地に応じて以下の税率にて都市維持建設税を納付します。 a都市の場合: 7% b県(区レベルに相当する町)、鎮の場合: 5% 中国内陸部における土地開発問題に関する研究 ―陝西省漢中市を事例として― 法政大学大学院政策創造研究科博士課程 屈 博煒 要旨 近年、中国政府は内陸部地方都市を中心にした土地開 発を活発化させている。土地開発の進展により地方都市. 新型都市化建設の更なる推進に関する 若干の意見 【要点】 中国国務院は、年2月6日に「新型都市化建設の更なる推進に関する若干の意見」(中国語名 「关于深入推进新型城镇化建设的若干意见」、以下「意見」)を発表した。. 23 一、中国小都市発展のあらまし 二、中国小都市発展の当面の特徴 三、中国小都市発展の推進メカニズム 四、中国小都市発展における問題 五、小都市発展への政策提言. 年に中国全土で1 万カ所, 年までに5 万カ所で小城 鎮を建設することになっていた。 更に, 年3 月に,第9 期全国人民代表大会第4 回 会議では「第5 次5 ヵ年計画綱要」を選択し,「小城鎮 を重点的に発展させ,中小都市には地域中心都市の機能. 中国における「小城鎮」建設に関する研究 - 江蘇省を中心として - 本の購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天ポイント」が貯まってお得!.

中国における小城鎮建設の現状と問題、『東北農業経済研究』(日本)1999年第1号。 日本との比較における中国の農業過剰労働力移動の特質(合著)、『東日本国際大学研究紀要』(日本)第4巻第1号。. jp2) 改革下の中国における民衆生活の変化――広東省における社会学的スケッチ / 鐘家新 / p96~. 最初の中国大遺跡リストに登録され、年の中 国世界文化遺産申請案件に決定した。 (3) 研究目的と方法 本研究はまず中国におけるすべての大規模遺跡の 開発の現状を整理し、特徴を明らかにする。次に特 徴的な開発の事例として良渚遺跡と良渚文化村を対.

中国における「小城鎮」建設に関する研究

email: ifeneti@gmail.com - phone:(351) 956-5043 x 5084

志望校合格判定テスト実力判断 大分県公立高校受験 平成30年 - Initiation Supreme

-> 校長教頭試験問題集 2001年版 - 下村哲夫
-> ユダヤ教 - マルサ・モリスン

中国における「小城鎮」建設に関する研究 - 生きるために毒親から逃げました


Sitemap 1

月刊交通 2018.10 特集:自動運転の実現に向けた取組 - 道路交通研究会 - 森嶋ペコ 今夜も君にごちそうさま